『七月の炭酸水』

作家・アート系気質なのに、会社員な人の生存と残像。

【新譜】syrup16g 「delaidback」

natalie.mu

 


Deathparade - syrup16g(MV)

 

delaidback

delaidback

 

 

ちなみにもう予約した。

最近買ったCD(10/15日:武道館live Report追記 )

「以前の銀杏BOYZがよかった。」

「銀杏は終わった。峯田は終わった」

というような

 

コアなファン同士の常套句がある。

それが、いかに不毛でつまらないおしゃべりであることか。

2004か2005年から、彼らのライヴを観に行って

いるものからすると、

確かに最近vo.峯田が一人になって

その他バンドサウンドはサポートメンバーになった。

以前の圧倒的な熱量とカオスさはなくなってしまったけれど、

 

今度は、より洗練されたクリアな

サウンドによって繰り出される峯田の音楽と詩と咆哮は、

また素晴らしい。

相変わらず、この人の創る曲は唯一無二の存在感がある。

いずれにせよ、人間は変わってゆく。年を重ねるごとに。

 

人間は一日一日、経験を糧に前を向いて精神的に進歩して、

変わり続けて生き続けるから。

 

 

恋は永遠(初回生産盤)

恋は永遠(初回生産盤)

 

 

 

骨(通常盤)

骨(通常盤)

 

 【追記 on10/15】

natalie.mu

Japanese breakfast (ambient)

 


Japanese Breakfast performs "Road Head"

 


Japanese Breakfast on Audiotree Live (Full Session)

琥珀色の街、上海蟹の朝


くるり - 琥珀色の街、上海蟹の朝 / Quruli - Amber Colored City, The Morning of The Shanghai Crab (Japanese ver.)

私の「光」で他者を照らし、そして守ること

 

事実、世の中はたくさんの悪意に満ちていると僕は思う。けれど、幸運や人の優しさも君のすぐそばにきっと隠れてるんじゃないだろうか。少なくとも、朝は誰にでも平等にやってくるから。そこで何を掴むかは君次第だ。

 

www.youtube.com

 

僕らはいつでも少しの間違いで

蝕まれてゆく日々を どうすることもできずにいた

 

人より少しだけ運が悪いみたいだから 仕方がないねって 君はずぶ濡れで笑った

 

薄いまぶたに口づけをする 何も見えなくなればいい

口移しした溜息の味 僕らの夜に出口はなかった 僕らの夜に出口はなかった

 

眠りに着くように 何かを捨てるように 焼け付くように

そっと 君の明日が凍りつく

 

ただ生きていて これから何も信じられなくたっていい

そう願うように抱きしめるけど 僕の体じゃ溶かせなかった

 

薄いまぶたに口づけをする 何も見えなくなればいい

口移しした生きている味 僕らの夜に出口はなかった

 

ただ生きていて こんな世界に今更期待などしない 閉じ込められた果てに僕らは みんな壊して笑ってやるよ みんな失くして笑ってやるよ

 

水中メガネ


Chappie - 水中メガネ

  

水中メガネで記憶へ滑ろう

蒼くて涼しい水槽の部屋

あなたの視線に 飽きられちゃったね

去年は裸で泳いでたのに

泣きながら鏡の前で踊る

ゆらりゆらり俄か雨

水中メガネをつけたら わたしは男の子

微かな潮騒 空耳なのかな

無言の会話がきしむ音かな

あなたは無視して漫画にくすくす

わたしは孤独に泳ぎだしそう

熱帯の魚と じゃれるように

暑い暑い夏の夜

心はこんなに冷たい

わたしは男の子

 

岩陰でいちゃついてた あの夏の匂い

洪水みたいに時の波が

ゆらりゆらり打ち寄せる

水中メガネの向こうで

一人鏡の前で踊る

ゆらりゆらり俄か雨

水中メガネを外せば

見知らぬ女の子