勤めてもう少しでまる2ヶ月

今日は夏期休暇をとっているので、おやすみ。
ぼーっと弛緩しきって高校野球でも観よう。
こないだは、現役のさらりいまんをしている母方の叔父さん(母の弟)に会った。
叔父さんも総務部なので色々と仕事の話や共通の趣味のサッカー観戦というかサッカー談義に花が咲いて非常に中身のある会談であった。

 


まだ勤めて2ヶ月弱なので、環境に慣れることと基本業務を覚えるのに必死だが、

すでにセンター長に頼りにされて、チャレンジド採用の20名の中で俺1人しかできない仕事も任されて頼りにされていること教えてもらったし、将来この子は伸びると配属チームの上司からも期待されている。

 

ただ、俺は努力家な一面もあるので、自らハードルを上げたりする癖(高い目標を追い過ぎる)が大いにあるからそこは気をつけなければならない。
期待に過剰に答えようとしないように。

 

あくまでも地に足つけてコツコツと「うさぎのかめ」のかめさんみたいにね。
俺に肩肘張らずにできることから、一つずつ積み重ねることしかできないんだから俺には。

 

人事からも信頼されているし、いまんとこ「俺が信頼されたい」人には信頼をされている。人がいろんな集まるところには色々な人(≒苦手な人やちょっと残念な人もいる)がいたりするが俺は「俺が信頼されたい人々」にさえ信頼されていれば、それでいいと思っている。

 

長期的には俺だって自分の能力をすでに評価されているわけだしそれを開花させたいし、チーム/配属先のまとめ役(リーダー)になりたいという気持ちも出てきている。

 

 

もちろん仕事も楽しい。大変だけどね。
それからもちろん体調管理をしっかりするのは大前提。
まだ、体調は環境の変化や社会的立場が変わったり、逆に
良い方向に行った時にうつ症状が少し出てきたりするからそれに気を使うのでもいっぱいいっぱい。
それでも、障がい者雇用推進室(障がい者雇用やサポートに特化した人事)が同じオフィスにいるので支えてくれる。

 

 

また、長期的にチャンスが巡ってきた時には、それを掴み取れるようにしたい。

いまの課題は電話応対をブラッシュアップさせることと、言葉遣いがたまにフランクになってしまったり、敬語が苦手なので、基礎をしっかりやっている感じだけど一つずつ、コツコツと "できない"ことを"できる”ことにする道のりでそれは得られるものもあるし、課題も前向きに考えられている。

 

 

今は全体的にいうと、足元をしっかり固めている時期かな。