『七月の炭酸水』

作家/翻訳家気質な場末人の生存と残像。

2015-09-04から1日間の記事一覧

『竹内好セレクション』から

「ドレイとして、主人にかわいがられるドレイは、自分が主人になると、自分の使っているドレイを酷使する、ということをいっております。ドレイという言葉を魯迅は、よく使います。それは社会関係での実際のドレイという階級をさすのではなく、対人関係での…

真木悠介/見田宗介「人間解放の理論のために」からの抜き書き

ーー現代の地を吹き抜けるシニシズムの意識を通して、われわれがわれわれ自身の物化を完成し、物質性の宇宙の暗闇に飲み込まれることを欲するのでないならば(中略)これらの要求が否定されるとき、さまざまな人間的悲惨の形態があらわれる。すなわち、創造…