桜の森の満開の下

春は魔物なので、最近、首を吊って死のうかなと唐突に考えることがある。

そして、桜の森の満開の下の季節がやってくる。どうしても、桜を見ると、

その下には気を狂わせるような死のイメージがあるあの坂口安吾の『桜の森の満開の下』という作品のイメージが湧いて生と死は表裏一体なんだな。だから桜も輝いて見えるほどに息を詰まらせるほどうつくしい。

 

 

桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫)

桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫)

 

 

長田弘「立ちつくす」

朝の、空の、どこまでも、透明な、薄青い、ひろがりの、遠くまで、うっすらと、仄かに、血が、真っ白なガーゼに、滲んでひろがってゆくように、太陽の、赤い光が、滲んでゆく。一日が、はじまる。――ここに立ちつくす私たちを、世界が、愛してくれますように。

 

子ども情報ステーションbyぷるすあるは

私も子どもの時から母がうつを抱えていました。
このような啓発活動はきっと(かつての私)と同じような境遇で
一人ぼっちで不全感を抱えながら生きている子どもたちの希望になるはずです。

啓発活動がなされることで子どもの心の痛みや不全感が社会に顕在化し、
社会が理解してくれることで当事者の負担がどんなに軽くなるだろうと
感じます。

それは、居場所を作ったり、当事者たちが支えあったり、
周りの人の理解や支援を得られることができることにも
繋がると思うので。

私も応援したいと思っています。

 

 

「メディア掲載ほか」─精神障害の親をもつ子どもの立場の方の声など - 子ども情報ステーションby ぷるすあるは

HPのトップ↓ 

kidsinfost.net

 

 

ーー以下は「子ども情報ステーション by ぷるすあるは」精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト」からの引用です

精神障害の親がいて」
今年1月、朝日新聞に3日間の連載がのりました
2月には反響編も
取材、執筆された久永記者によるコラムです
子ども情報ステーションの情報ページにもふれてくださっています
子どもへの視点、家族への視点、必要な情報と応援がひろがりますように

http://www.asahi.com/articles/DA3S12832220.html
(無料ですが全文を読むには登録が必要です)

 

『夜中の雨が』

 

夜中の雨が 私の眠りをたたく

夜中の雨が 私の胸のむなしさをたたく

 

風は消える

 

樹々に降る雨の静けさの中に

 

追憶はとけてゆく 木の葉をたたく雨音の単調さの中に

 

夜中の雨が 人生の遙かさを奏でる

夜中の雨が 私の悲しみを濡らす

 

 

 

 

 

絶望と希望

「生まれてこなければよかった」そんなこと思った夜が数えきれないほどあった。それでもわたしはずるずると生きてきた。

いまは「生まれてこなければよかった」と人々に思わせるあらゆる世界の悲惨や障壁と向き合って闘って、逆らって生きてやろうときめた。

いろんな人のおかげでここまで来たんだ。

 

最近、俺がよく心の中で唱えていること

比べるな

楽するな

縮こまるな

自分を信じろ

寝ろ

 

朝は詩人

風は長い着物を着て
朝の通りを目覚めさせる
ぼくは朝と手をつなぎ
夜まで眠ることにした

 

雨は遅れてやって来て
村の祭りを中断させた
オートハープを抱えた少女が
駅で電車を待っている

 

君が歌うその歌は
世界中の街角で朝になる
君が歌うその歌の
波紋をぼくはながめてる

 

陽射しは午後の砂浜に
旅行者のように立っている
白い手すりのあるベランダで
夏は鏡をのぞいてる

 

折り重なったままの静けさで
大地は朝を待っている
夜明けの景色につながれて
子馬は水を飲んでいる

 

君が歌うその歌は
世界中の街角で朝になる
君が歌うその歌の
波紋をぼくはながめてる

 

朝は音もなくやって来て
戸口にメモを残していく

たくさんのメモの木漏れ日が

風が吹くたびゆれている

 

君が歌うその歌は
世界中の街角で朝になる
君が歌うその歌の
波紋をぼくはながめてる

君が歌うその歌は
世界中の街角で朝になる
君が歌うその歌の
波紋をぼくはながめてる

 


朝は詩人 友部正人

友部正人 (現代詩文庫)

友部正人 (現代詩文庫)